マサ先生と英語を! 英語

◆the elephant in the room:(誰もが認識しているが)話したくない重要な問題

投稿日:

♪めざせ!語彙力UP!
★新企画!!《マサ先生と英語を!》
◆the elephant in the room:(誰もが認識しているが)話したくない重要な問題
the elephant in the roomは、対処しなければならないと分かっていても、
取り組むのは大変だから、知らないふりしている大問題のこと。
例えば、地球温暖化とか、自殺率の高さとか。
数年前なら、年金制度が適切に機能していなかったこととか。
ググってみたら、次の一コマ漫画がヒットしました。
<http://www.bloggersbase.com/educational/>
(ページの下の方を見てください。)
"Sir, the Supreme Court ruled there's an elephant in your office...
(大統領、最高裁が大統領執務室にゾウがいると判断しました。。。"
と、補佐官がオバマ大統領に報告しています。オバマ大統領の背後には大きなゾウが立っており、
その横腹には"global warming"の垂れ幕が下がっています。。
80年代の村上春樹の短編に小人が象をつくる工場の話(「踊る小人」)がありますが、
この小人たちは「1Q84」のリトルピープルを思わせます。
小人=リトルピープルが工場でせっせと象=意識下に抑圧している問題をつくっているわけです。
怖い、怖い。。。
1ヶ月に1回5、6人で集まって1冊の本について話し合う読書会をやっています。
4月の本は前回のコラムでもふれた
"A Spot of Bother"。
笑える箇所が満載の軽い読み物なので、
自分がガンにかかっていると思い込んでいる主人公ジョージが、
死の恐怖から必死に流れようとする様子が面白いのです。ところが、
読書会のメンバーの一人が去年の秋に腫瘍ができて1ヶ月ほど入院していたので、
ジョージの死の恐怖のことは話題に上らずじまいでした。
There seemed to be an elephant in the room.
♪by Massa画像
☆応援クリックをよろしく!
  ↓
ブログ村 英語ブログへ 人気blogランキングへ
『だからあなたの発音はカタカタ英語にきこえる』←好評発売中!書店かアマゾンで!
************************
バレッタ英会話教室(神戸の英会話教室)
(英会話・TOEIC・茅ヶ崎方式英語)
★ニュース英語なら茅ヶ崎方式神戸岡本校へ
*************************

スポンサーリンク

おすすめ記事

1
英語の励ましの言葉!自分で自分を励まそう!「死ぬこと以外かすり傷!」

英語の励ましの言葉 ニュース英語がしばらく続いていたので、今日は、英語の励ましの言葉をいくつか! お友達や配偶者や恋人が落ち込んでいる時、言ってあげましょう!   I’m always on your ...

2
「餃子 」って英語で何て言うの?日本の焼き餃子は日本独自のもの【これ、英語で何て言うの?】 焼き餃子は?水餃子は?

「餃子 」って英語で何て言うの? このブログは、かなり前から少しずつ英単語を取り上げているのですが、もう何年もの間で、どの単語が一番検索されるか? なんと「餃子 」って英語で何て言うの? がトップなの ...

-マサ先生と英語を!, 英語

Copyright© めざせネイティブ!TOEIC990点&英検1級! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.